ホーム>オフィシャルブログ>龍が住む村の話
オフィシャルブログ

龍が住む村の話

昔々、ある村に大きな大きな龍が住んでいました。


ある日その龍が、
村の泉の水を全部飲んでしまい、
水がなくなってしまいました。


村人達は、水がなくなってしまったと
慌てふためきますが、


山の頂上には龍が住んでいるため、
隣の村へ行くこともできません。


しかし、山の下には、
隣の村の泉に繋がる水脈があったのです。


それを知っていたひとりの村人は、


水脈から水が流れてくることや、
天から恵の雨が降ることを信じて


慌てず、騒がず、それを待ちました。

やがて、雨が降り、水脈からは水が流れはじめ、
村は、水の豊かさを取り戻しました。

このお話から伝えたいことは、


豊かさは、
なくなることはないということ。


循環しているということ。


隣の泉に繋がる道は、
ひとつではないということ。


恐れや不安を感じた時は、
少し視点を変えてみると楽になります。


本日もご覧いただきありがとうございます。


先日のスーパームーンです♡

2020416223250.jpeg