ホーム>オフィシャルブログ>2018年1月

2018年1月

ジェムエッセンスのご注文

ジェムエッセンスのご注文が増えております。


それに伴い、お渡しに関して、
お願いがあります。

① 1日〜15日までのご注文
→注文月の下旬頃のお渡し

②16日〜月末までのご注文
→注文翌月の初旬頃のお渡し

長い方ですとご注文から2〜3週間
お待たせしてしまう場合があります。


在庫を持たない受注発注になり、
ご不便をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。


2月の定休日

2月の定休日のお知らせです。

1(木)
5(月)
6(火)
10(土)〜12(月) 東京
13(火)
16(金) 貸し切り
20(火)
21(水)
27(火)


●基本ご予約枠
10:00〜
13:00〜
16:00〜

ご希望の時間をお申し付けください(^_^)
ご予約受付は前日までお願いします。


どうぞよろしくお願いします。

依存

今日は依存について。


依存については以前から記事を書いて
きましたが、改めて書きますね。


依存はいけないことではありません。
人は少なからず人に頼って生きています。


しかし、自分がなくなり、
〜が言っていたから正しいとか、


人に答えを聞いたり、
人になんとかしてもらおうと思う状態を


「依存」といいます。


自分はどう感じるか?
どうしたいのか?
本当に変わりたいのか?


ぶれやすい人にとって、
自分の気持ちが定まるまでは
とても時間がかかることかもしれませんが、


自分の力で答えを出し、
主体性を持って、人生を創造していけるよう
お手伝いさせていただきます。


心がけてはおりますが、
私は依存させるセッションはいたしません。


手助けが必要な時期はしっかりとサポートし、
その時期が過ぎたら少しずつ
新しい関係へと切り替えていきます。


その上で末長く
お繋がりさせていただけたら
とても嬉しいです。

問題は問題ではない

問題と思っていた問題が
問題でなくなりました。


あっはっは〜ん!(笑)
問題と思い込んでいた自分が問題。


突然ポロリと剥がれ落ちた私のこだわり。


やはり問題を作っているのは
いつも自分の意識なのです。


全てこの法則にあてはまるとするなら、
どのようなことも
問題はないと考えられます。


「問題はない」と認識された私の脳は
問題ない現実を創り、


「問題がある」と認識した脳は、
問題ある現実を創ります。


もちろん、現実的な対処が必要な場合も
ありますが。


悩みは自分が創り出す。


腹の底は、、、
悩んでいる自分が好きなのです。
悩みがあると安心するのです。


私の場合、悩みについては
私が悩んでどうにかなる事なら時間を使いますが、
どうにもならない事なら、
悩むのをやめます。
時間がもったいないから!
ならば楽しいことに時間を使いたい。


そして、解決したいことなら、
それにふさわしい行動をすること。
そうすれば答えが見えて来ます。
行動しながら選択していきます。


これは男性脳的ですが、
女性の場合は、こういったところに男性脳を使っていくと、とても生きやすくなります。


心のブロック解放セッション

心のブロックは誰でも持っています。


ブロックとは、
思い込み、思い違い、
自分が信じている世界のこと。


自分でも気づいていない心のブロックは
潜在意識にあります。


潜在意識は、
そのほとんどは幼少期の思い込みや
思い違いによって作られます。


願望達成のお手伝いをさせていただく中で、
叶う人と叶わない人に差がでるのですが、


その差には、潜在意識にある
ブロックが関係しているのです。


自分の願いがなかなか叶わないという方へ。


それは自分がもつ
心のブロック(ブレーキ)が原因かもしれません。


ブロックは外すことが大切なのではありません。
ブロックが何であるかを知ることが
大切なのです。


止めているものは何だったのか?


本当はどうしたいの?


それを知ることは
今後の人生を大きく変えるのではないでしょうか?

あとは、外すかどうかも
タイミングもあなたが決めるだけ。


まずはモニター様を3名様だけ
募集します。


「心のブロック解放セッション」


●1回 19,800円→15,000円 (モニター価格)


※時間は90分程度みてください

※定員になりしだい締め切ります

※セッション内容には個人差があります。
まずは1回でお申し込みいただき、
状態をみて回数をご相談させていただきます。
ブロックを知った上で
どうしたいか?を尊重させていただきます。

※潜在意識、幼少期からの思い込みは根強いものがあり、そのような根本的なブロックを解放するには長く時間がかかる場合もありますし、軽度のものなら一度でスッキリとれる場合もあります。


不明な点は何なりとご相談ください。

潜在意識と顕在意識

潜在意識とは


自分でも気づいていない自分。
腹の底で望んでいること。


顕在意識とは、
私達が知っている意識のこと。
自分でも分かっていることです。


顕在意識は5%
潜在意識は95%を占めるといわれています。


ですから、自分でも知り得ない潜在意識の世界が
私達の見えている世界を動かしています。


潜在意識には、
幼少期の環境によってうけた
思い違いや思い込みが知らず知らずに刷り込まれている
事がほとんどです。


潜在意識に思い違い(ブロック)があると
願いが叶いにくくなります。


顕在意識と(頭で考えていること)と
潜在意識(腹の底で望んでいること)がかみ合わず
アクセルを踏みながら
ブレーキを踏んでいる状態になるからです。


当然、前へは進みませんよね。


潜在意識にある自分の思い込み(ブロック)が
あることで、傷つかないように
私達を守っていたりもします。


だから、ブロックがあることは
悪いことではありません。


ブロックがあることが人によっては
逆に良い場合もありますし、


ブロックを外すタイミングも
人それぞれです。


ブロックは、みたくない
本当の自分だったり、
自分でも気づいていない自分だったりしますが、


これが外れると現実が
みるみる好転します。


「本当の自分をみる」


これは時に辛い作業ですが、
これができると、
本当に現実が好転します。


潜在意識には幼少期に形成されたものが、
そのまま入ってる場合が多いです。


潜在意識は書き換える事が可能です。


そこで、
「心のブロック解放セッション」の
モニター様を募集したいと考えています。


募集要項は、次ブログにてご案内します。

悲劇のヒロイン

「悲劇のヒロイン」

女性にはとても多いヒロイン像です。

悲劇のヒロインは
悩まなくてもいいことを探して
自ら悩んでいるかわいそうな私。

悲劇のヒロインを装って、
かわいそうな私を見て欲しくて、
同情してほしくて
構ってほしくて
人のエネルギーを奪ってしまう。


本当はとても幸せなのに。


幸せな自分をみていく。
あるものをみていく。


そうすれば自分が
どれだけ幸せだったかに気づくでしょう。

気づく力を育てる

山形はたくさん雪が積もりました。


今日は
「気づく力を育てる」


気づくとは
感度が良いということです。


気づけない状態とは
心がいまここにない状態です。
ボーッとしている状態です。


気づける自分になるには
五感をみがきましょう。


五感によいものを取り入れると
エネルギー値があがります。


心身の疲れをとり、
良いもので自分を満たしましょう。


意識がはっきりしてくるのを
感じる事ができるでしょう。

雨の日もあれば晴れの日もある

人生には雨の日もあれば
晴れの日もあります。


しかし、雨はずっとは続きません。


今は見えないかもしれませんが、
必ず晴れる日が来るし、
自然とその苦しみや悲しみから解放される時がきます。

長雨が続く時もあれば、
日々の小さなお天気雨にあたることもあるでしょう。


しかし雨は、
ずっとは続きません。


必ず光が差し、
優しい気持ちになれたり、
頑張る気持ちが湧いてきたりします。


人生には
「雨の日もあれば晴れの日もある」


天気は変化し続けるもの。
いいことも悪いこともバランスよく訪れます。
変化はバランスをとるために起きること。


小さなことに一喜一憂せず、
こころを自分の真ん中に。
平坦にして過ごしたいものです。


私はここ数日、
大切なピアスをなくしたり、
ちょっぴり悲しいことが続いたりでした。


しかしこれって、
新しいエネルギーが入ってくるサインなんですよね。


私自身の生活が大きく変わることもありますが、
お仕事の面でも、プライベートにおいても
ステージが変わっていくのだと思います。


自分の人生は
自分が望んだことしか起こらない。


だから、どんなときも
自分の気持ちを大切にして、


例えどんな風に動いたとしても
肩の力を抜いて、
自分を信じて、
みんなを信じて、


起きることに身を任せていきたいなぁと
思っています。


最大限のサポートをする

今、とあるお店の命名のお手伝いをさせて
いただいています。


面談終わり、
ホッと一息。


今日は何かと動きのあった一日でしたが、
その一連でふとおりてきたこと。


「手伝ってはいけないこともある」


つい何かしてあげたくなることも
あるかもしれませんが、

手を出してはいけないこともあるんですよね。


その人が乗り越えようと
成長している過程で、
そのチャンスを奪うことになるからです。


相手を信頼し、私ができることを
淡々とするのみですね。


それを分かった上で
最大限のサポートをしたい。


そんな風に感じました。